皺の種類とシワ対策、予防法

ある日突然なかったはずのシワを発見したときは、本当に凹みますよね!

若くても肌の乾燥や紫外線、食生活の乱れなどでシワができている人が多いようですが、やはり基本はバランスの取れた食生活と適度な運動、紫外線対策ではないでしょうか?

毎週のように海に行く友人は紫外線対策をきちんとしていなかったために、30を過ぎた途端おでこや目の周りにたくさんのシワができ、まるで老婆です!若いころは多少無理をしても体内に自然に蓄積されている栄養がシワを防いでくれていますが、年齢とともにそれは倍返しのように容赦なくシワやシミになって現れるので、出来てからではなくできないための予防が大切なんですね~

しわには色々な種類があり、いつも同じ表情の人が出来やすい表情シワ、深い真皮シワ、細かな真皮シワ、加齢シワなどシワと一言で言っても原因やできる場所、深さなども違います。

ほとんどが何らかの理由でコラーゲンが不足することでできるので、年齢とともにコラーゲンを摂取したり、生成に必要な成分を積極的に取り入れることが大切になってきます。

また、乾燥もシワを悪化させるので十分に肌を保湿することが大切なので、クリームなどの油分よりも浸透力が高い化粧水選びに重点を置いた化粧品選びが必要になります。

また、シワを改善するためにシワ伸ばしのマッサージをする人がいますが、これは逆効果でより悪化させてしまう可能性があるためすぐに止めたほうが良いようです。

もちろん油分も大切なのですが、たくさんクリームやオイルを塗ればいいわけではなく、肌に必要な皮脂を洗い流さないことも大切ことなのです!べた付きが気になり、つい洗浄力が強い洗顔料やクレンジング剤を使ってしまいがちですが、これによって乾燥が進みシワが出来てしまうのです。マイルドなものに代えるだけで乾燥知らずの肌を手に入れることができるかもしれません。

体全体の健康も肌の状態を左右するため、適度な運動で血流を促すこともシワを予防するために大切なのです。