化粧水、美容液、乳液、クリームの役割と正しい使用順序

先日友人の家に泊まりに行ったところ、たくさんの化粧品が部屋と洗面所に溢れていて驚きました!特に基礎化粧品にはお金をかけているそうで、高そうなブランドのものがずらりと並んでいます・・私はとても安い基礎化粧品を使っているので、その日は始めて使ったことのない高級化粧品を使わせてもらうことにしました。

やはり高級なものは香りが違いますよね~とても優雅で奥深い香りで使う人を優雅な気持ちにしてくれるのです。

早速入浴後に使わせてもらうと・・普段は化粧水をバシャバシャつけて乳液を塗るだけのシンプルなケアなので迷うことはありませんが、たくさんの基礎化粧品があるとそれぞれ役割があり順番も決まっているので、それを間違えると効果が半減してしまうとか・・

正しい基礎化粧品の使い方は、洗顔後なるべくすぐに化粧水をたっぷり肌にしみこませます。この時量をケチってしまうと肌の奥深くまで成分が浸透できないのでゆっくりたっぷりが基本です。しっかり潤ったところで美容液です、美容液は特別ケアのような役割があり美白、シミ、しわのケアなど化粧水では足りない栄養分や美肌成分が含まれていいます。次ぐに乳液で油分を与えて水分や美肌成分が蒸発しないように蓋のような役割を果たします。保湿効果も高いのでカサつきや感想を防ぐ効果も期待できます。最後にクリームですが、これは今まで塗った有効成分を最終的に閉じ込める効果があり、乳液よりも油分が多いので塗り過ぎるとべた付きます。

このように基礎化粧品にはきちんとした順序が決まっています!化粧水以外は適当に使ているなんて人もいますが、それではせっかくの有効成分が肌の奥に届かずに全く意味がない可能性もあります。

正しく使うことで初めて効果を発揮してくれるのですから、今からでも自分が使っている基礎化粧品の使う順番を確認してみてください。中には基本とは違った使い方をするものもあるので、購入する時にきちんと確認することをおすすめします!